札幌市南区・豊平区で整体、肩こり、腰痛のことなら、澄川駅東口30秒のTBBカイロセンターへ。

夜20時30分まで受付。駐車場有。無料送迎行っています(要予約)。

〒005-0004 札幌市南区澄川4条2丁目4-5 スクエア1F

メールでのお問合わせ

お知らせ

お知らせ

2016年12月13日

カイロ理論よもやま⑨  アジャストメント②

前回の続き 

 

アジャストメントに関する私見

 

アジャストメントは古典的カイロ理論に特有の技術である。

 

初心者の頃、インストラクターが

 

アジャストはもっと思いっきり もっと早く もっと小さく

 

と口を酸っぱくして言っていたのを思い出す。

 

でもこれは嘘なのだ。

 

練習のさいの方便に過ぎない。

 

手技はアジャスト直前の最終形で事実上完了している。

 

最終形までの過程がこの手技の本質である。

 

目的あるいはリスティングのイメージ 手順 最終角度 最終圧

 

すべてが一様ではない。

 

最終形の瞬間、アジャストの様態はすでに決定されている。

 

恣意的な変更は不可能である。

 

この感覚を得るために練習をするのだ。

 

アジャストの様態は百回百様の如くである。

 

 

この手技は 頸椎、胸椎、腰椎 仙骨 腸骨 …

 

部位によって全く異なる。

 

 

頸椎を例に話そう。

 

目的がリスティング矯正の場合

 

C1は側方変位のみをとる。

 

C2以下は単独変位から複合変位、トリプル変位までとる。

 

C1C2 は連動したリスティングをとる事多し。

 

上位にトリプル変位をとれば下位に逆トリプル変位をとる事多し。

 

イメージとLODを確定させる。

 

基本は一回ですべて終わらす。

 

CPはC1以外ほとんど棘突起である。

 

回旋変位のみの場合は横突起がCPになること多し。

 

目的が固着化解消の場合

 

上部頸椎のCPは横突起が多い。

 

あとはリスティング変位に準じる。

 

 

続く

 

 

 

札幌市南区澄川

 

TBBカイロセンター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 一覧へ戻る ]