札幌市南区・豊平区で整体、肩こり、腰痛のことなら、澄川駅東口30秒のTBBカイロセンターへ。

夜20時30分まで受付。駐車場有。無料送迎行っています(要予約)。

〒005-0004 札幌市南区澄川4条2丁目4-5 スクエア1F

メールでのお問合わせ

身体の歪みにつながる日常のクセ

札幌市南区にあり、豊平区平岸からもアクセス可能の当院では、様々な方の身体の歪みを目にする機会が多いです。身体が歪む原因としては、日常生活の中の何気ない行動が関係しています。そのため、日常生活にクセがある方は要注意です。
普段の生活から、クセの改善に努めるようにしましょう。

寝相の悪さ

普段どんな体勢で寝ていますか?もし仰向け以外の寝相を取っているのであれば、もうすでに身体が歪んでいるかもしれません。横向きでひざを曲げてしまうという人は、腰痛を招いてしまいます。また、バンザイした状態で寝ている人は睡眠の質の低下につながるため、非常に危険です。
ぐっすり眠れないと体調不良にもつながります。1日のおよそ3分の1の時間を占める睡眠時に、ひざを曲げたり背中を丸めたり、横向きやうつぶせの寝相をずっと続けると、結果的に骨に歪みが生じてしまいます。

足を組む

椅子に座るとき、無意識のうちに足を組んでいませんか?「足を組んでいる方が最も楽だから」という方がいらっしゃいますが、人間は本来、足を組まずに普通にしている姿が一番楽なはずです。そのため、足を組むと楽になるというのはおかしいのです。
身体のどこかに歪みが生じているからこそ、そのままの姿勢では苦痛に感じ、バランスをとろうと足を組んでしまうのです。このクセを改善するには、定期的に組む足を左右変えてみることをおすすめします。左右どちらか一方が極端に歪んでいくのを防ぐことができます。

ヒールの高い靴を履く

普段からヒールの高い靴をよく履くという人も、身体の骨が歪んでしまう原因を作っています。高さのある靴は足に負担をかけてしまいます。
ハイヒールを履いてしばらくすると、すぐに足元が悲鳴をあげている方もいらっしゃいますが、痛いと感じた部分をかばうような歩き方になるため、O脚やX脚などの歪みへとつながるのです。

整体で骨盤矯正を受ける、カイロプラクティックの施術に頼る前だけでなく、施術後にもこのようなクセをできるだけなくす努力をしましょう。